MENU

派遣社員で仕事を辞める

通常、派遣社員には契約の期間があります。その契約期間をまっとうすればその職場から離れ、その他の会社にまた契約期間中派遣され仕事をする、というのがスタイルになります。契約期間は業務内容やその会社、企業によって異なりますので、派遣社員である期間、ずっと同じ会社で業務を行うという人ももちろん多くいます。派遣社員は基本的に契約期間が満了すればそれで終了になりますので、正社員で働くよりも不安定であるのは否めません。その分気軽、時給換算だと高給になることもあり、メリットももちろん享受できるのですが、やはり安定性を求めるのならば、正規雇用の仕事を探したいと思う人が多いでしょう。そのため派遣社員の中には、正規雇用の仕事を探しながら派遣の仕事をやっているという人も少なくありません。また派遣社員として実績や経験を積んで正規雇用の仕事を探すという人もいます。派遣社員の多くは仕事を辞める、ということを前提で働いている人が多く、あくまでも派遣はつなぎの仕事であり、正規雇用の仕事が決まればすぐにでも派遣を辞めたいという人も少なくないようです。派遣社員で自分のスキルを上げたり、各種資格を取得して派遣を辞めたという人もいます。派遣社員を辞めるのであれば、やはり多くの実績を積んでスキルアップしてから辞めた方が正規雇用の仕事を探しやすくなるのかもしれませんね。

 

女性の場合は仕事を辞めてもチャットレディなどの高収入求人がありますからしばらくは食つなぐことが出来ますね。

 

チャットレディ
http://xn--dckzcgqe4npc.ws/

 

チャットレディがどういう仕事で、どんな求人があってどれくらいの時給なのかは上記のサイトをご参照ください。

仕事を辞めると失うもの

安易に仕事を辞めてしまう人はそうはいないと思いますが、特にもし今自分が正社員で仕事をしているのであれば、仕事を辞めた時に失うものについてじっくりと考えてみた方がよいかもしれません。仕事を辞めるとしても自分には生活がありますし、仕事をしていることでその生活費をねん出している場合には、特に仕事を辞めると収入源がなくなってしまうわけです。貯蓄がなければすぐに生活費が底をつきますので、仕事を辞めることをよくよく考えなくてはなりませんし、お金がないということは再就職先を選ぶ、ということもままならなくなります。このように仕事を辞めると収入が途絶える人は生活の安定を失くすことになりますが、その他にも仕事を辞めると社会保険を失くすことになります。厳密にいうと、社会保険は一定条件を満たすと2年間任意継続することが可能ですし、社会保険を失くしたとしても国民保険に加入することができるのですが、一般的には仕事を辞めた場合1年間は社会保険の方が支払う保険料が安くてすみますので、失うと支払うお金が増えるケースが多いようです。また会社には福利厚生というものがあり、例えば住宅購入補助、家賃補助などを出してくれる会社もありますし、保養所を安く借りられるという会社もあります。このような福利厚生はいわば会社が社員をいたわってくれているものですが、会社を辞めるとこのような福利厚生も失います。